0
    田村まつりで絶叫!?
    先日、滋賀県甲賀市にある「田村神社」へ行ってきました。

    田村1

    2月17日〜19日に厄除大祭≪田村まつり≫が行われ、毎年訪れています。

    昨年引いたおみくじが半凶で・・・焦った〜(ブログ『タビスル』 2018年2月23日を参照)。


    さてさて、今年は・・・?


    その前に「厄豆落し」が変わりました。

    田村2

    歳の数が入った福豆を川に投げ入れることで厄を落とすのが通例になっていましたが、

    今年から4種類の色から選ぶことに。豆の数は関係なくなりました。

    田村3

    (年々重みを感じていたのに、ちょっと残念)


    そして本殿へ参拝。

    田村4

    ここをお詣りすると私の一年が、ようやく始まったと実感します。


    『さてさて、おみくじを引くとしますか』


    今年の運勢は・・・、

    『わおぉぉぉーーー!』(絶叫)

    田村5

    でました! 

    凶です。

    (なぜかニヤリとする私)


    昨年は半凶、そして今年は凶。


    逆に・・・

    『(運)もってるな〜』



    なんか清々しい気持ち。



    芸人さんは、よく凶を引くといいといわれています。

    いまが一番底で、あとは上がるだけだからと。


    おみくじは予言ではなく、その引いた時の運勢。

    凶はこれ以上は下降しないという意味。
    あとは運気が上昇するということです。


    だって“凶”という字。

    メの上は囲まれていないでしょ。

    上が開いていて、これからメ(芽)が飛び出す、開眼するって思えばいいんです。


    梅


    さあ、今年はどんな年になるか、

    楽しみです。







    | タビスル | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      京滋とりっぷ(14)

      “京滋とりっぷ”の最終回です。

      嵐山駅1
       (京福電鉄「嵐山駅」)


       今回の旅の最終地点 嵐山にやってきました。

      嵐山1

       さすがに人が多いですね〜。

      渡月橋1

       有名な≪渡月橋≫ですが、

       今年9月に起こった台風で一部欄干が倒壊。

      渡月橋2

       復旧工事にあたり、10月末に復元。

       私が訪れたときには、大勢の観光客がこれまで通り行き来しておりました。

      渡月橋3

       ちなみに、こちらの着物姿の女性たち。

      渡月橋4

       私が雇ったモデルさんではありませんよ(笑)。

       (ただし撮影許可をいただいております)


       そんな渡月橋を前に・・・、

       今回の旅のまとめ!



       滋賀県の近江八幡で行われた芸術祭から始まり、古都 京都でお寺参り。

       2泊3日の濃〜い旅となりました。

      芸術祭1
       (BIWAKO BIENNALE 2018)

      ラコリーナ1
       (ラ コリーナ近江八幡)

      鳳凰堂1
       (平等院 鳳凰堂)


       お寺をお参りすることは、改めて自分の生活を見つめ直すいい機会でした。

      宝泉院2

       その一つが建物と庭園の美しさ。

      宝泉院3

       歴史の長さを考えれば、建物は相当古い。

      宝泉院4

       でも朽ちていない。常に手入れしていて、艶やかさを感じる。

      宝泉泉5

       お庭も同様。

      三千院3

       手を加え、常にいい状態を保っている。

      三千院1

       境内全体が長年積み重ねた“品”を感じる。

      三千院4


       ふと自分の生活を振り返る。

       普段使っているモノ、長年使っているモノは、
       どんな状態だろうか?

       手入れしているだろうか?


       アナタは高額を支払った車や家は丁寧に扱っています?


       食生活もそうだな〜。

       出汁をとって下ごしらえするってなかなかできない。


       “丁寧な生き方をする”

       簡単に買えたり、便利になった現在(いま)、それが面倒に思え、相当難しくなってきている。



       そして最後に訪れた「直指庵」。

      直指庵1

       “思い出草ノート”を読む。

       さまざまな思いが綴られた内容を見て、「人に歴史あり」と痛感。

       そして自分の思いを書き綴る。

      直指庵2


       今回の旅で、仏の教えを折に触れた私。


       最後に・・・。

       「宝泉院」に伺ったとき、壁に飾られていた言葉を紹介して、この旅を締めたいと思います。


      宝泉院7


       「丁度よい」

       お前はお前で丁度よい
       顔も体も名前も姓も
       お前にそれは丁度よい
       貧も富も親も子も
       息子の嫁もその孫も
       それはお前に丁度よい
       幸も不幸もよろこびも
       悲しみさえも丁度よい
       歩いたお前の人生は
       悪くもなければ良くもない
       お前にとって丁度よい
       地獄へ行こうと極楽へ行こうと
       行ったところが丁度よい
       うぬぼれる要もなく卑下する要もない
       上もなければ下もない
       死ぬ月日さえも丁度よい
       仏様と二人連の人生
       丁度よくないはずがない
       南無阿弥陀仏

       (*仏さまの慈愛の言葉です)

      | タビスル | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        京滋とりっぷ(13)
        宇治から嵯峨野へ向かう。

        嵯峨野1


        嵯峨野といえば・・・、

        大覚寺2

        ≪大覚寺≫ですね。

        五大堂や大沢池は有名ですね。

        華道の家元でも知られています。


        でも私が向かう先は、さらに奥なんです。

        嵯峨野2

        ひっそりと佇むお寺≪直指庵(じきしあん≫。

        直指庵1

        今回の旅で、私が一番行きたかったところです。

        直指庵2


        それは、ある目的のために・・・。

        直指庵3

        決して浮かれていない。

        直指庵4

        でも本堂までの道のり、
        すごく心が高ぶっているのがわかる。

        直指庵5

        本堂に到着。

        直指庵6

        直指庵7
        (堂内は撮影禁止になっています)


        ご本尊をお参りしたあと、中央のテーブルに座る。


        そこに、こんな一文がある。

        「そっと その意地を 私の心(ノート)に すててください。
         苦しむあなたを みているのが つらいのです」


        目の前にあるのは3冊のノート。

        それが「思い出草ノート」です。

        直指庵8

        ここを訪れた方が、自分の思いを綴るノートです。

        仕事や恋の悩み、結婚や離婚の報告、病気や借金の苦悩に挫折・・・。

        そして、ここを訪れた感動。

        直指庵9

        みんなの思いが詰まったノートが5000冊以上も保管されているとのこと。

        直指庵10
        (境内の奥には「思い出草観音菩薩」がまつられています)


        ノートの中をみると、口には出せない壮絶な人生を綴っているものもある。

        そうかと思えば、結婚する二人が訪れ、この地を思い出にしますといった内容も。

        直指庵11

        このお寺は、2007年公開の日韓合作の恋愛映画「初雪の恋〜ヴァージン・スノー」のロケ地でもあります。

        主演のイ・ジュンギさん(韓国からの転校生ミン役)に、宮崎あおいさん(京都出身の七重役)が、“私が京都で一番好きなところ”として案内しています。

        映画の重要シーンでは、思い出草ノートも登場しますよ。

        (いかにも韓流の恋愛っぽい内容ですがね。。。)

        直指庵12

        私も庭を眺めながら、その「思い出草ノート」に綴る。

        しばし自分と向き合う時間。

        直指庵13

        平成最後という節目に、直指庵に来て、何か“今の思い”を残したかった。

        その目的を終え、心が清々しい。

        直指庵14


        まもなく、この旅も終了です。


        直指庵15



        「直指庵」
        京都府京都市右京区北嵯峨北ノ段町3
        tel:075-871-1880

        URL: http://www5e.biglobe.ne.jp/~jikisian/



        次回につづく。

        | タビスル | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          京滋とりっぷ(12)
          少し遅めの昼ごはんを済ませたあと、

          表参道を出て宇治橋を渡ります。

          宇治橋

          向かった先は・・・、

          通圓1

          お茶の≪通圓≫さんです。

          通圓2

          創業が永暦元年(1160年)。今から858年前。

          通圓4

          室町時代の末期から続いていて、現在24代目がお店を守っています(通圓という姓から、のちに通円と名乗っています)。


          店内は、その歴史を感じるモノが置かれています。

          通圓3
          (*店内は撮影許可をいただいております)


          通圓5
          (一休和尚が作った「初代通圓」木像)

          通圓6
          (創業当時、土間で使われていた茶釜)


          足利義政や豊臣秀吉、徳川家康など名立たる大名が、ここでお茶を飲んだと記録に残されています。

          通圓7


          さらに岩波書店の広辞苑に「通圓(通円)」が載っています。

          通圓8


          「つうえん【通円】」

          1.宇治川のたもとで通行人に茶を供したという茶人。

          2.狂言の一。舞狂言。通圓という茶坊主の亡霊が現れて、旅僧に弔いを頼み、宇治橋供養で茶を点死(たてじに)したことを語り舞う。


          「つうえんぢゃや【通円茶屋】」
          茶人 通圓が宇治橋の東詰で茶を売っていたという店。


          (いや〜凄いッ)

          通圓9


          そういや、タモリさんも来ていましたね(NHK番組「ブラタモリ」 2018年5月5日放送にて)。

          通圓10


          では私も茶房で、歴史を紡ぐお茶をいただくことに。

          通圓11
          (お抹茶と茶だんご)

          とても香り高く、今まで飲んだなかで一番濃いお味です。

          通圓12


          宇治 通圓にて、歴史とお茶の深みを堪能!

          通圓13



          「通圓本店」
          京都府宇治市宇治東内1
          tel:0774-21-2243

          URL: http://www.tsuentea.com/




          次回につづく。

          | タビスル | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            京滋とりっぷ(11)
            宇治の「平等院」にやってきた私。

            正門前

            参拝後に≪表参道≫をブラブラと散策。

            表参道1

            参道には宇治茶の老舗が並んでいます。

            表参道2

            表参道6

            お茶のいい香りがしてきます。

            表参道3



            なかでも、外国人観光客が多かったお店がここ。

            上林1

            「三星園 上林三入本店(みつぼしえん かんばやしさんにゅうほんてん)」さんです。

            上林2

            この掲示を見て納得!

            当店に婿入りしたスイス人のトビさんが店頭に立って商品説明してくださいますよ。


            上林3
            (店内は撮影許可をいただいております)

            上林7

            上林5

            やっぱり抹茶は高いですね〜。


            私はデザインも気に入った、缶入の煎茶「源氏物語」を購入。

            上林6


            お店を出て、お昼に何を食べようかな?とブラブラ。

            表参道5

            せっかくなので、茶そばのセットを。

            茶そばセット


            旅の最終日は“はんなり”と行く。

            表参道7



            次回につづく。
            | タビスル | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              京滋とりっぷ(10)
              京都南部を流れる宇治川。

              宇治2

              宇治にやってきましたよ、久しぶりに。

              (いつ以来か、全く思い出せない私。。。笑)

              宇治1

              宇治といえば・・・、ここ!

              南門2
              (南門)

              世界遺産≪平等院≫ですね。


              通りの紅葉がきれいでした。

              平等院1


              極楽浄土の宮殿をモデルにした「鳳凰堂」です。

              平等院2

              平等院4


              池の水面に映る姿が、ほんとに美しい。

              平等院3

              10円硬貨の絵柄で、お馴染みですよね。

              修学旅行生や外国人たちが10円玉を持って写していましたよ。

              平等院7

              でも、それだけじゃないですよね。

              平等院5

              屋根にいる、この鳳凰。“幸せの鳥”といわれています。

              平等院6

              一万円札の裏側に描かれていますよね。

              「世界中に幸せが流通できるように・・・」という意で採用されたらしいです。

              (お金のなかで一番好きです、一万円!笑)

              平等院8


              お金に2つもデザインが入ってるって、

              改めて思うとすごいコトですよね。


              ご朱印

              こちらでも、ご朱印をいただきました。

              『幸せ(お金)がいっぱい舞い込みますように・・・』と。

              (あぁ〜邪念が・・・。笑)


              平等院9



              「平等院」
              京都府宇治市宇治蓮華116
              tel:0774-21-2861

              URL: https://www.byodoin.or.jp/



              次回につづく。

              | タビスル | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                京滋とりっぷ(9)
                「宝泉院」から参道に戻る。

                大原11

                紅葉が美しい。

                大原12

                ≪三千院≫へ。

                三千院1

                三千院2

                三千院3
                (*建物内は一部を除き、撮影不可)


                思わず『うわぁ〜〜!』と、ため息が出る庭園美。

                三千院4
                (聚碧園[しゅうへきえん])

                三千院5


                三千院6
                (有清園[ゆうせいえん])


                静寂な境内に、お経を唱える音が聞こえる。

                三千院7
                (往生極楽院)

                三千院9

                苔の庭に、かわいらしい地蔵さんが点在する。

                三千院8
                (わらべ地蔵)


                金色不動堂へ。

                三千院9

                三千院10

                11月28日まで金色不動明王像を拝見することができます。

                三千院11

                御開扉に合わせ、

                特別なご朱印をいただく。

                ご朱印


                時間を忘れる。

                気がつけば、すでに夕暮れどき。

                三千院12

                大原13



                「三千院」
                京都府京都市左京区大原来迎院町540
                tel:075-744-2531

                URL: http://www.sanzenin.or.jp/


                次回につづく。
                | タビスル | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  京滋とりっぷ(8)
                  京都大原「三千院」にやってきました。

                  三千院1

                  が、その前に行きたいところが・・・。

                  大原9

                  さらに奥へと進む。

                  大原10

                  先に訪れたかったところがココ。

                  宝泉院1

                  宝泉院15

                  ≪宝泉院(ほうせんいん)≫です。


                  宝泉院14

                  宝泉院13


                  通称“額縁寺”と呼ばれています。

                  宝泉院4


                  その理由は、建物から見る眺め。

                  宝泉院5

                  柱と柱の空間を「額」に見たてて、お庭を観賞するからです。

                  宝泉院6

                  宝泉院7
                  (樹齢700年の五葉松)


                  抹茶とお菓子をいただく(拝観料に含む)。

                  宝泉院8


                  茶道教室を舞台にした映画「日日是好日」(2018年10月13日公開)を思い出す。

                  好日


                  喧騒を離れ、和の風情を楽しむ。

                  宝泉院16

                  宝泉院17

                  宝泉院12

                  宝泉院18

                  宝泉院19

                  宝泉院20

                  宝泉院21


                  いいものである。




                  「宝泉院」
                  京都府京都市左京区大原勝林院町187
                  tel:075-744-2409

                  URL: http://www.hosenin.net/


                  次回につづく。
                  | タビスル | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    京滋とりっぷ(7)
                    琵琶湖

                    琵琶湖の東岸から西を望む。


                    琵琶湖大橋を渡り、向かった先は京都≪大原の里≫。

                    大原1

                    大原2

                    「三千院」の参道を歩く。

                    大原3

                    大原4

                    大原6

                    大原7

                    秋を感じつつ・・・


                    大原5

                    ♪京都 大原 三千院〜。

                    (男ひとりだけどね。笑)


                    大原8


                    次回につづく。

                    | タビスル | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      京滋とりっぷ(6)
                      たねやグループの≪ラ コリーナ近江八幡≫にやってきました。

                      ラコリーナ1

                      人と自然との共存をテーマにした、グループ内のフラッグシップ店(旗艦店)。

                      ラコリーナ22

                      ラコリーナ3

                      ラコリーナ4

                      ラコリーナ21


                      和菓子の「たねや」、そして洋菓子の「クラブ ハリエ」をメインに、新旧オリジナルのスイーツやお食事が楽しめます。

                      ラコリーナ23
                      (メインショップが入っている建物)


                      ラコリーナ5

                      ラコリーナ6

                      ラコリーナ7


                      その他にも、自然や農業体験などイベントが行われています。

                      ラコリーナ19

                      ラコリーナ17

                      『まさに、たねやのワンダーランドや〜』(彦摩呂さん風で!)

                      ラコリーナ8

                      ちょっとジブリの世界観もあるね〜。

                      ラコリーナ9
                      (たねや本社がある建物。一般客は入場不可)


                      ガレージをイメージしたコンテナショップへ。

                      ラコリーナ10

                      ラコリーナ12

                      ラコリーナ13

                      大好きなパームクーヘンを買いましたよ。

                      ラコリーナ14

                      『I LOVE BAUM』

                      ラコリーナ15

                      夢心地です。

                      ラコリーナ16


                      広々とした空間で、

                      あま〜い時間に包まれる。

                      ラコリーナ22

                      ラコリーナ23



                      「ラ コリーナ近江八幡」
                      滋賀県近江八幡市北之庄町615-1
                      tel:0748-33-6666

                      URL: http://taneya.jp/la_collina/



                      次回につづく。
                      | タビスル | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      TIME
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE