0
    新喜劇が60周年!
    先週、大阪に行っていた私。

    昨年につづき、今年も笑いの栄養補給に。

    ngk1

    ≪なんばグランド花月≫へ。

    ngk8

    3月1日をもって、新喜劇が60周年を迎えました(パチパチパチ・・・)。

    ngk3

    それに合わせて、テレビで関連番組がいろいろとやっていましたね。

    ngk4

    会場入口では、一日支配人として、のりお師匠が登場!

    ngk5

    いきなり笑いを取っていました。

    ngk6

    久しぶりにメッセンジャーの漫才を観ましたよ。

    テレビでは番組のMCやコメンテーターとして活躍していますが、その経験をもとに、時事ネタの毒舌を吐いておりました。

    決してテレビでは言えないネタだな〜(笑)。


    レイザーラモンの漫才ネタもなかなか観れない。

    つかみはお互いのギャグ披露していたな〜。

    (HGさんのフォーとRGさんのあるあるネタ)


    あと落語家の桂 小枝さんを久しぶりに観ましたよ。

    テレビ「探偵ナイトスクープ」の印象が大きく残っていますが、相変わらずゲスな笑いを。


    テレビの露出が多い「ジャングルポケット」は大きな歓声がありましたね。

    「あ〜、これが人気者か」と感じました。

    斉藤さんのウザさ、いいですね。


    そして60周年を迎えた新喜劇。

    ngk7

    初の女性座長である酒井 藍さんの公演を観ましたよ。

    定番の全員でコケるシーンは少なかったけど、笑いを引っ張っていましたね。





    いや〜、今回も生で大いに笑かしてもらいました。

    | IL×起笑天結 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      霜降り明星が優勝!
      漫才日本一を決める番組≪M-1グランプリ2018≫が昨日行われましたね。

      いや〜観ているほうもドキドキ。

      (賞レースのなかで一番、気合いが入る)


      今年で14回目。4640組がエントリー。


      今年も「笑神籤(えみくじ)」による抽選でしたね。

      直前まで決まらないのでギアの入れ方(熱量の上げ方)、難しいだろうな〜。


      ネタとしては、

      かまいたちのネタ、けっこう好きだったな〜。

      ジャルジャルのネタは、余韻が残る。



      審査員の志らく師匠が求める新しい発想力、爆発力。

      注視していましたね。


      そのなかで爆発力ありましたね、「霜降り明星」。


      最年少、初舞台での優勝おめでとうございます!

      今後の活躍、期待しています。
      | IL×起笑天結 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        初めて「繁昌亭」に行く!(2)
        梅香る「大阪天満宮」。

        天神さん

        その目の前にある寄席≪繁昌亭≫に初めて行った私。

        繁昌亭1

        繁昌亭2

        NHKの朝ドラ「わろてんか」と「超入門!落語 THE MOVIE」の番組の影響、あと歳のせいか(笑)、どんどん落語が面白く感じるようになった私。

        繁昌亭3

        初代「桂 春団治」が乗っていたとされる「赤い人力車」モデルが展示されています(諸説あり)。

        繁昌亭4

        演目は、下記のとおり。

        演目

        昼演はだいだい3時間。

        古典落語、創作落語、浪曲、マジックなど。

        繁昌亭5
        (開演中は、撮影不可となっております)


        府内の中学生が校外学習として生で落語を観ていましたね。


        私は高校のときに、初めて落語を観たかな。

        笑福亭 仁鶴師匠の落語が印象的でした。

        (学習の一環として、落語を観に行くのは大阪だけかな〜?)



        浪曲も、現代風にアレンジしていてけっこう面白かったですよ。


        繁昌亭6

        公演終了後、落語家さんがお客さんをお見送り。

        写真を一緒に撮ったり、握手したりして、とてもいい光景でした。



        天満で『笑いまひょ!』



        「天満天神 繁昌亭」
        大阪府大阪市北区天神橋2-1-34
        tel:06-6352-4874

        URL: https://www.hanjotei.jp/

        | IL×起笑天結 | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          初めて「繁昌亭」に行く!(1)
          3月5日と6日に大阪にいた私。


          ブログ『大阪ロマンです』で書いたように、

          「天神橋筋商店街」をぶらり、そして「大阪天満宮」を参拝。

          商店街1


          そのあと天神さんの目の前にある≪天満天神「繁昌亭」≫へ。

          繁昌亭1

          落語や浪曲などが観れる常設の寄席です。

          繁昌亭2

          2006年9月にオープンしました。


          繁昌亭3

          ここで吉本興業の歴史を少し。


          その昔、ここに寄席小屋がいくつかあり、そのうちの一軒「第二文芸館」を吉本興業の生みの親“吉本泰三・せい夫婦”が商いをし、寄席経営の第一歩を踏み出すことになります(1915年)。

          いわば「天満」という場所が吉本興業の原点。


          そのあと、吉本は次々と寄席を始めることになります。

          吉本の歴史
          (「なんばグランド花月」の展示資料より)

          そして寄席を〇〇花月と名称変更していき、「第ニ文芸館」も「天満花月」に改称。


          NHKの朝ドラ「わろてんか」のモデルになっているところですね。



          月日は流れ・・・、

          60年以上、上方落語が観れる常設の寄席がなかったんですが、

          大阪天満宮をはじめ商店街、市民の協力によって、2006年にできたというわけです。

          繁昌亭4


          次回につづく。
          | IL×起笑天結 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            久しぶりに「笑いの殿堂」へ
            休みの間、大阪に帰っていた私。

            約2年5か月ぶりに≪なんばグランド花月≫へ。

            花月1

            NHKの朝ドラ「わろてんか」をずっと観ていたら・・・

            『どうしても行きたくて!』

            花月2

            吉本の歴史をたどる資料が展示されていましたよ。


            花月3

            「わろてんか」の主役モデルとなった≪吉本 せい≫さんや、寄席小屋の写真など。

            花月4

            そして今週の朝ドラのテーマ“わろてんか隊がゆく”のモデルとなった「わらわし隊」のことなど。

            花月5

            花月6

            朝ドラファンにはうれしい内容となっております。


            花月7

            さて私が観た公演は上記のとおり。


            「アインシュタイン」「ギャロップ」は賞レースを獲得した実力のコンビ。定番のブサイク顔、ハゲネタで笑いをとっていましたね〜。


            「もりやすバンバンビガロ」、盛り上がったな〜。

            特に観客とのやりとり。

            くす玉を割るシーンがあったけど、出てきた学生さんがくす玉をバレーボールのアタックのようにバシッと振り下ろして割ったとき、みんな大爆笑!

            普通、ひもを引っ張って割るでしょ。

            みんな、その行動に驚かされていました(笑)。


            久しぶりに「のりお・よしお」師匠の漫才、観ましたよ。

            いや〜、のりお師匠の暴走ぶり。

            世の中を風刺した辛口トーク、放送できません(笑)。



            そして新喜劇。


            ボケに対しての、みんながズッコケるシーンが少なかったのが残念。

            ただ桑原和男さんのおばあちゃんネタ(和子ばあちゃん)が観れて満足。

            垂れたおっぱい、出しておりました(笑)。


            花月8


            あ〜久しぶりに笑いの波を体感!



            ちなみに会館の1階のお店も、すっかり変わりリニューアルオープンされております。



            あと、ちょっと残念なお知らせが。

            芸人さんが、こよなく愛していたお店「信濃そば」が昨年11月末に閉店となりました(ブログ『IL×起笑天結』〜芸人が愛する味 2012年2月26日で紹介)。

            長い間、おつかさまでした。
            | IL×起笑天結 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              一日遅れで「M-1」を。
              この前の日曜日、仕事で観れなかった≪M-1グランプリ2017≫。


              一日遅れで昨夜、観ることができました。


              やっぱり「M-1」は他の賞レースよりドキドキする。

              そして発案者の島田 紳助さんのことを思い出す。



              今回から方式が変わりましたね。

              司会者がクジを引いたコンビから順にネタを披露する。

              全コンビが前室で待機している状態。

              (前年とは違う、プレッシャーがかかっているだろうな〜)



              そんな緊張と笑いのなか、

              結成15年の「とろサーモン」が優勝。

              出場規定のラストイヤーで、やりましたね〜。

              おめでとうございます!


              他のコンビより歴が長い分、ちょっと初々しさがなかったけど(笑)。



              個人的には・・・、

              敗者復活の「スーパーマラドーナ」のネタが良かったけど。

              というか、ボケの田中さんの気色悪さが引き立っていたな〜(笑)。


              「和牛」の1本目のネタもおもしろかったな〜。

              これまで観た彼らのスタイルと違う、うまさを感じた。


              それに兄弟コンビ「ミキ」は勢いあったな〜。

              ちょっとテンポが早かったけど。

              経験積めば、間のうまさも出てくるだろうな〜。


              あと「ジャルジャル」ですよね。

              しっかりネタが練られていたな〜。

              「ピンポン」けっこう好きだな。。。



              お笑い好きの方には失礼かもしれませんが、

              ジャルジャル 後藤さんの動き。

              大正・昭和で大活躍した「エンタツ・アチャコ」のエンタツさんの動きを思い出したな〜。





              審査員は・・・、

              上沼さんの口撃。

              賛否両論ありますが、大阪出身の私には普通なんですが。。。



              あと気になったのが、M-1のツイート。

              ネタの合間に紹介されていたんですが、

              その上位ランキングに

              「上戸 彩 かわいい」って。



              思わず『ネタと関係ないやんッ!』って、

              ツッコんでいました。




              以上で〜す。














              | IL×起笑天結 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                「めちゃイケ」が終了することに。
                4日(土)にフジテレビ系のバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」が来年春に終了することが発表されました。

                21年半という歴史に幕が下ろされる。

                かねてから噂がありましたが。


                私にとって、影響を与えてくれた番組の一つ。


                番組の企画力、構成力、字幕スーパーの使い方、そして芸人やタレントの育成と特長を引き出す力。


                制作者として随分勉強になりましたし、憧れでもありました。




                また一つ、お手本が終わる。












                | IL×起笑天結 | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  落語を映像化!
                  昨日、大須演芸場に行き、お笑いを観たことを書きましたが。


                  今月から始まった番組で注目しているのがあります。

                  NHKの≪超入門!落語 THE MOVIE≫です。


                  落語家さんが古典落語を披露。

                  その語りに合わせて、ドラマ的に映像化してます。

                  「見る落語」です。


                  ずっと落語を聴いている人にとっては、

                  「なんで映像化するんだよ。その語りから自分で想像するのが面白いんだよ」と感じるかもしれませんが、なかなか落語に縁が遠かった人には、すごくわかりやすいです。


                  落語初心者の方はぜひ!



                  NHK「超入門!落語 THE MOVIE」
                  木曜日 22:25〜22:50放送
                  | IL×起笑天結 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    大須で「わろてんか」
                    この10月から放送のNHKの朝ドラ≪わろてんか≫。


                    吉本興業を創業した「吉本 せい」さんをモデルにした内容です。

                    ご存じでしたか?

                    そういや私は大学のとき、吉本の歴史に関する本、いくつか読んだな〜(ブログ『ココロの蔵』2012年4月9日分、『IL×起笑天結』2012年6月14日分の「吉本興業100周年」関連記事を参照)。


                    今後の放送も楽しみです。



                    さて先週、名古屋の≪大須演芸場≫へ行きました。

                    演芸1

                    2年ぶりです(ブログ『IL×起笑天結』 2015年10月6日分を参照)。


                    今回は10月1日〜10日に行われた「二周年記念特別寄席」を観に。


                    地元芸人をはじめ、東西の名立たる漫才師、落語家さんがやってきました。


                    場内は満員御礼(大入袋でましたよ)。


                    しかし始めは、重たい雰囲気。

                    『今日、あまり笑わない客層かな〜』と思いましたが・・・


                    それが一気に払拭!

                    往年の漫才師「おぼん・こぼん」さんの登場で。

                    流れが変わり、笑いがどっと起きる。

                    タップダンス、懐かしかったな〜。

                    お客のいじり方もうまかったし、『さすがだな〜』と。



                    「宮川大助・花子」師匠の漫才も、間近で観れましたよ。

                    病気からの復活、元気なお姿で芸を披露。

                    その病をネタに、笑いにもっていく夫婦漫才。

                    めちゃ面白かったです。



                    70歳を超えた「三遊亭 圓丈」師匠の落語も貫禄の笑いでした。



                    そして私のお目当ては・・・

                    演芸2


                    「桂 文枝」師匠の落語。

                    生で観たかったんです。

                    一番の拍手でしたね。


                    お客を引き込む、あの“間”のうまさ。

                    どんどん盛り上がる。

                    もう〜、さすがですッ!



                    2時間半、楽しませていだきました。


                    年配の人が多かったですが、
                    もっと寄席に、若い人が来てほしいな〜。
                    | IL×起笑天結 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      島木 譲二さんが逝く。
                      吉本新喜劇で活躍していた島木 譲二さんが亡くなられました。


                      いろいろなギャグがありましたね。

                      「パチパチパンチ」「ポコポコヘッド」「チューイングボーン」「しまったしまった島倉千代子」など。

                      あまり意味が分からないモノが多かったけど。


                      ギャクをして、観客から笑いよりも拍手が起きていた。

                      大阪名物でした。


                      大阪ミナミの居酒屋でバイトしていたとき、街で一番見た芸能人は島木さんだった。

                      公演の合間や終了後に、街をぶらぶらしていた。

                      ほんとによく見かけたので「あッ!芸能人だ」という感覚がなかった。


                      その行動は『街で声をかけてもらいたいからや』と他の芸人さんからいじられ、周りからも愛されていた。





                      ご冥福をお祈りします。


                      | IL×起笑天結 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      TIME
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE