0
    東北の風・旅を終えて
    『東北の風2012』の27回目、最終回です。


    仙台から中部国際空港セントレアに戻ってきました。

    セントレア1



    旅を終えて・・・。


    昨年9月に休みをとって訪れた≪東北≫。

    まず岩手県の花巻に降り立ち、賢治ワールドに触れることができました。

    回顧1


    盛岡では、学校で習った啄木さんに出会いました。

    回顧2


    世界遺産の地 平泉で、日本の美しさを感じることができました。

    回顧3



    そして沿岸部、東日本大震災の被災地へ。

    旅の最大の目的は“被災地に赴き、亡くなった方々へ手を合わせる”ことでした。

    回顧4


    今回のプランのなかで、観光地の行先は事前に考えていたのですが、
    沿岸部の被災地は宮城県の気仙沼以外、あまり考えていませんでした。

    現地で聞こうと思ったからです。


    気仙沼で宿泊したホテル経営者 75歳のおばさまには、当時の状況と周りの現況などいろいろ教えていただきました。

    『ありがとうございました』

    回顧6



    陸前高田の荒廃した様子を見たときは、本当にショックで言葉を失いました。

    回顧5



    石巻では、被災者の思い出の物が無造作に積まれている光景を見て愕然としました。

    回顧8



    実は石巻市のとなり 女川町にも夜、訪れています。

    辺りは灯りが乏しく暗い。町の中心部は壊滅状態でした。


    少し離れたショッピングセンター内にある「サイゼリヤ」で夜飯を食べたとき、
    人がいなく虚しさと寂しさを感じたのを今でも覚えている。


    そのあと石巻に戻ったが、あまり眠れなかった。

    回顧7


    込み上げてくるものがある。

    自分という存在を突きつけられた気がする。
    『お前は、ちゃんと生きているか?』

    このベクトルは非常に揺らぐ。


    心がもやもやした状態のなか、
    松島の美観には、正直ホッとさせられた。

    回顧9


    そして仙台では、伊達魂と楽天イーグルスの本拠地を見て元気をもらった。

    回顧10



    イレスギ ライン×東北。
    今回の旅で収めた写真は1068枚。


    振り返れば、さまざまな表情がありました。



    回顧11

    “東北の風”を感じ、心の翼を広げる。


    今日は3月11日。

    東日本大震災から2年が経ちました。



    最後に・・・。

    『改めて亡くなられた方へのご冥福と被災地の復興を心から祈っております』


    | 東北の風2012 | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      東北の風・仙台空港
      『東北の風2012』の26回目です。


      仙台駅から25分、仙台空港駅に到着。

      仙台空港駅1
      (仙台空港鉄道)


      2階から直接、空港出入口につながっているのですが、1階に下りてみます。

      仙台空港駅2

      ガラスの壁面には、東日本大震災による津波で浸水した高さを掲示しています。

      仙台空港駅3

      約3mの高さです。

      仙台空港駅4



      ≪仙台空港≫も甚大な被害を受けました。

      仙台空港1

      滑走路に押し寄せる水。
      次々と流される車。

      ニュース映像でよく出てきたと思います。

      仙台空港2

      1階のロビーには「復興の歩み」と題し、
      その当時の様子を物語る写真が展示されています。

      仙台空港3


      3月11日の津波の様子。

      仙台空港4
      (展示写真より掲載)


      空港は浸水し閉鎖されました。

      仙台空港5
      (展示写真より掲載)


      急速な復旧にあたりました。
      日本とアメリカの共同救援活動「トモダチ作戦」もありました。

      仙台空港6
      (展示写真より掲載)



      東北の大動脈である仙台空港。

      約半年後の9月25日に、
      空港ビルが完全復旧しました。

      仙台空港7


      私が昨年9月に訪れた東北。

      その最終日は、清々しい青空。

      心地よい風が吹いています。

      仙台空港8

      『ありがとう 東北!』

      仙台空港9



      東日本大震災から、まもなく2年が経とうとしています。

      仙台空港10


      『がんばろう 日本!』

      仙台空港11


      | 東北の風2012 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        東北の風・仙台
        『東北の風2012』の25回目です。


        朝の仙台駅前です。

        仙台駅2

        旅の最終日は快晴でした。



        駅前のアーケード街は、まだ開店前。
        シャッターが下りている状態。

        クロスロード商店街1
        (クリスロード商店街)


        ここの一角にお不動さんがあります。

        三瀧山不動院1

        ≪三瀧山不動院≫です。
        福の神として親しまれている「仙臺四郎」が鎮座しています。

        三瀧山不動院2

        朝、通勤・通学で行き交う人が手を合わせていきます。

        三瀧山不動院3

        『今日という日を平穏無事に・・・』



        商店街の朝に音楽が流れています。

        ♪『虹を架けよう』


        この歌は、被災した東北3県の子供たちを支援する一般法人「みやぎびっきの会」が中心となり、宮城県ゆかりのアーティストなどが参加した復興支援ソングです。

        沿岸部の地名(気仙沼や南三陸、女川など)が歌詞に出てきます。

        詳しくは下記ホームページを参照してください。
        (YouTubeでUPされています)


        ろっけんパーク1

        また商店街に情報拠点≪東北ろっけんパーク≫があります。

        ろっけんパーク2

        東北六県のグッズや観光情報、そして被災地にある復興商店街の情報などが得られますよ。


        仙台駅1


        さあいよいよ帰路へ。

        仙台駅をあとにし仙台空港に向かいます。




        「三瀧山不動院」
        宮城県仙台市青葉区中央2-5-7
        (クリスロード商店街内)

        URL: http://www.mitakisan.com/


        復興支援ソング♪「虹を架けよう」について(みやぎびっきの会)

        URL: http://bikkifund.net/niji.html


        「東北ろっけんパーク」
        宮城県仙台市青葉区中央2-5-8
        筺022-395-6101
        10:00〜19:00

        URL: http://tohoku-rockenpark.com/
        | 東北の風2012 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          東北の風・仙台
          『東北の風2012』の24回目です。


          伊達正宗が眠る霊屋(おたまや)、≪瑞鳳殿(ずいほうでん)≫にやってきました。

          参道

          参道を上がっていきます。

          杉の木に囲まれ、ちょっとひんやり。
          気持ちが落ち着く。

          瑞鳳殿1


          正面門である「涅槃門(ねはんもん)」です。

          瑞鳳殿2

          仏教用語“涅槃”とは、
          煩悩を取り払った悟りの境地となる状態。広くは来世(死後の世界)の意味になります。


          瑞鳳殿3

          正宗公は70歳で生涯を閉じました。

          瑞鳳殿4

          精巧な造り、色鮮やかな霊廟です。

          瑞鳳殿5

          この建物は戦災により焼失、昭和54年(1979年)に再建されたものです。

          瑞鳳殿6

          木々に囲まれ、ひっそりとした佇まい。
          しかしなんとも力強い。


          また、ここには正宗公以外に二代目の忠宗公、三代目の綱宗公の墓所もあります。

          瑞鳳殿7

          手前が忠宗公が眠る感仙殿(かんせんでん)、奥が綱宗公が眠る善応殿(ぜんのうでん)です。


          脈々と受け継がれる歴史。今も時が流れています。

          瑞鳳殿8


          伊達正宗の辞世の句(最期に詠んだ歌)
          「曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く」

          (引用の訳:何も見えない暗闇の中で、月の光を頼りに道を進むように、戦国の先の見えない時代の趨勢を自分が信じた道を頼りにただひたすら歩いてきた一生であったなあ)




          「瑞鳳殿」
          宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
          筺022-262-6250
          9:00〜16:30(2〜11月)
          9:00〜16:00(12〜1月)
          休み〜年末年始
          料金〜大人:550円
             高校生:400円
             小・中学生:200円

          URL: http://www.zuihoden.com/

          | 東北の風2012 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            東北の風・仙台
            『東北の風2012』の23回目です。


            最終目的地≪仙台≫にやってきました。

            仙台城跡1

            青葉山公園にある史跡≪仙台城跡≫です。

            仙台城跡2

            伊達正宗が慶長8年(1603年)に築城しました。

            仙台城跡3

            NHKの大河ドラマ「独眼竜正宗」(1987年放送)の渡辺謙さんを思い出す私・・・(ちょっと古い?)。


            史跡内にある「護国神社」を参拝。

            仙台城跡4

            本殿の隣では、軍艦の模型展をやっていました。見なかったけど・・・。

            仙台城跡5

            お土産屋さんにも立ち寄ります。
            “伊達魂!!”

            仙台城跡6


            この日も暑く、「ずんだシェイク」を購入。

            ずんだシェイク
            (「菓匠三全」のずんだシェイク 220円 *春〜秋限定)

            東北土産「ずんだもち」は知っているけど、まさかシェイクになっているとは・・・。

            確かに、あの独特の枝豆の甘い香りがします。ずんだのつぶつぶ感もあり。


            ずんだシェイク2

            公園内を散策したあと、ぜひお試しあれ。


            仙台城跡7



            「仙台城跡」
            宮城県仙台市青葉区川内1


            | 東北の風2012 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              東北の風・松島
              『東北の風2012』の22回目です。

              前回に引き続き≪松島≫です。

              松島1
              (福浦島からの景色)

              どこから観ても画になりますね。いろいろな表情があります。


              国の重要文化財である仏堂≪五大堂(ごだいどう)≫です。

              五大堂1

              観光資料によれば、
              この五大堂は、平安時代初期(807年)に征夷大将軍 坂上田村麻呂が毘沙門堂を建立。
              のちに慈覚大師が五大明王像を祀ったことから、そう呼ばれるようになりました。

              五大堂2

              現在の建物は、慶長9年(1604年)に伊達正宗が再建したものです。


              そして、伊達家の菩薩寺≪瑞巌寺(ずいがんじ)≫前です。
              (ここは平泉の毛越寺・中尊寺と同じ慈覚大師が開いたところ)

              瑞巌寺1

              私が訪れたときは、本堂などが修理工事中のため非公開(・・・ちょっと残念)。

              瑞巌寺2

              平成28年3月ごろまでかかるみたいです(現在は国宝の庫裏、陽徳院が特別公開しています)。

              というわけで中に入らず。
              入り口前にて一礼。

              瑞巌寺3


              隣接する≪円通院(えんつういん)≫に伺います。

              円通院1

              ここは、伊達光宗(仙台藩主2代目 忠宗の次男)の霊廟です。

              円通院2

              庭園はとても趣があります。

              円通院3
              (石庭「雲外天地の庭」)


              また色とりどりのバラが咲く庭があり、“バラ寺”としても親しまれています。

              円通院4
              (夏の開花時期のみ)



              『いづる間も ながめこそやれ 陸奥の 月まつ島の 秋のゆふべは』
              (伊達正宗の歌)

              松島2


              いよいよ東北の旅も終わりに近づいてきました。

              松島をあとにし、次は仙台へ。



              「五大堂」
              松島海岸沿いの小島
              8:00〜日没まで
              無料


              「瑞巌寺」
              宮城県宮城郡松島町松島字町内91
              筺022-354-2023
              4月〜9月  8:00-17:00
              10月・3月 8:00-16:30
              11月・2月 8:00-16:00
              12月〜1月 8:00-15:30
              料金:大人〜700円
                 子供〜400円

              URL: http://www.zuiganji.or.jp/ 


              「円通院」
              宮城県松島町松島字町内67
              筺022-354-3206
              4月〜11月 8:00-17:00
              12月〜3月 9:00〜16:00
              料金:大人〜300円
                高校生〜150円
                小・中学生〜100円

              URL:  http://www.entuuin.or.jp/



              松島の観光について
              「電脳松島絵巻〜松島観光協会」

              URL: http://www.matsushima-kanko.com/
              | 東北の風2012 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                東北の風・松島
                『東北の風2012』の21回目です。


                日本三景の一つ、≪松島≫です。

                幽観
                (松島四大観の一つ 幽観からの景色)

                いつの時代も愛された地ですよね。

                松島1


                東北大震災の影響は、他の地域に比べ比較的軽いといわれていますが、沿岸部には爪痕が残されています。

                松島2

                雄島をつなぐ有名な渡月橋は、震災の影響で落下し失われました。

                雄島1
                (左側の島が雄島)

                雄島につながる道は立ち入り禁止です。

                雄島2

                早い復興を望みます。

                雄島3
                (松島海岸レストハウス内の写真より掲載)


                松島海岸駅です。

                松島海岸駅1
                (JR仙石線)

                一部運休で、代替バスが運行しています。

                松島海岸駅2


                海産物などを売っているお店の方に、お話を聴きました。

                『私は東松島市に住んでいる。家は流され全壊だった。でも、こうして松島でお店を続けている。観光客も震災後から増えてきた。ありがたいこと』


                大型の観光バス、そして島めぐりの観光船など賑わっている。

                その光景が嬉しい。

                松島3
                | 東北の風2012 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  東北の風・石巻
                  『東北の風2012』の20回目です。


                  石巻の市街地にやってきました。

                  石巻駅1
                  (JR石巻駅)

                  JR石巻駅には、マンガ「サイボーグ009」などのキャラクターにあふれています。

                  石巻駅2

                  ステンドグラスもきれいです。

                  石巻駅3

                  ここ、石巻は宮城県出身の漫画家 石ノ森章太郎ワールドが広がっています。

                  駅周辺1
                  (駅周辺の至るところにオブジェがあります)


                  駅近くの商店街ロードは「マンガロード」に。

                  駅周辺2

                  マンガによる街の活性化です。


                  そのシンボル的な存在が、≪石ノ森萬画館≫です。

                  萬画館1

                  ここは2001年にオープン。
                  石ノ森章太郎さんが描いた原画をはじめ、各キャラクターの展示やオリジナルアニメを上映し、これまで200万人の来場があり、みんなに愛された記念館でした。

                  萬画館2

                  そして2011年3月の東日本大震災。
                  津波により甚大な被害を受けました。

                  萬画館3
                  (入り口前に貼ってあった写真より掲載〜2011年3月12日当時)

                  この萬画館は、石巻湾から旧北上川を約1.8匸紊辰臣羹Г飽銘屬靴泙后


                  震災前は、こんな感じでした。

                  日和山1
                  (日和山公園にある展望写真を掲載。左上にあるのが萬画館)


                  9月中旬に私が訪れたときの光景です。

                  日和山2
                  (日和山公園からの景観)

                  萬画館周辺の建物がなくなっています。

                  この地域は水が逆流して、約6mの津波が襲いました。

                  日和山3


                  萬画館のある中洲は、アメリカ マンハッタン島の地形に似ていることから、地元では“マンガッタン島”と呼ばれています。

                  自由の女神像も、変わり果てた姿になりました。

                  女神像1
                  (奥に見えるのが萬画館)


                  でも先月、うれしい知らせがありました。
                  11月17日に萬画館が再オープンされたというニュース。

                  再開当日は約3,400人の来場があったとのこと。

                  本当によかったです。



                  「石ノ森萬画館」
                  宮城県石巻市中瀬2-7
                  筺0225-96-5055

                  URL: http://www.man-bow.com/manga/


                  石巻の観光について
                  「(社)石巻観光協会」

                  URL: http://www.i-kanko.com/



                  追記:昨日の夕方、東北や関東で震度5弱の地震がありました。津波注意報が出ました。今後の余震が心配です。



                  | 東北の風2012 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    東北の風・石巻
                    『東北の風2012』の19回目です。

                    岩手県の陸前高田市から国道45号を一気に南下し、
                    宮城県の≪石巻市≫にやってきました。

                    石巻1

                    旧北上川の河口近くの高台「日和山公園」からの光景です。

                    石巻2

                    石巻港沿岸は空き地が目立ちます。

                    石巻3


                    下に降りて現地(門脇町・南浜町地区)に向かいます。

                    石巻5
                    (先に見える建物は旧石巻市立病院)


                    警視庁の広報資料によれば石巻市は、
                    平成24年8月31日現在で死者3,471人、行方不明者476人。

                    住宅被害では全壊が22,357棟、半壊・一部損壊が31,385棟。

                    石巻6

                    宮城県の仙台市に次ぐ第二の人口都市。
                    宮城県の市町村のなかで一番被害が大きい。

                    石巻7

                    周辺には車やバイク、生活品などのガレキの山が多くあります。


                    被災者の声で、こんなことを聞いたことがあります。

                    『ガレキに思われるでしょうが、これは私たちの思い出です』

                    石巻8

                    心に刺さります。


                    石巻4

                    門脇小学校があります。

                    門脇小1

                    昨年の大みそか、NHKの紅白歌合戦を思い出していただきたい。

                    長淵剛さんが歌った場所がここです。

                    門脇小2

                    ♪「ひとつ」を歌った、あのシーンは深く心に刻まれました。

                    門脇小3


                    そしてこの地区に
                    一本の支柱があります。

                    石巻9

                    6.9mもの津波が押し寄せたことを示しています。

                    石巻10

                    『がんばろう!石巻』

                    石巻11
                    (ある方が自宅兼店舗のあった場所にボードを掲げました)


                    震災から1年後の3月11日に、
                    追悼の思いから灯がともされています。

                    石巻12

                    石巻は、一歩ずつ復興の道へ。

                    石巻9
                    | 東北の風2012 | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      東北の風・陸前高田
                      『東北の風2012』の18回目です。

                      前回に引き続き≪陸前高田≫です。

                      今回は海側に目を向けます。

                      陸前高田4

                      高田松原野外活動センターがあった場所です。
                      今は地盤沈下し、水がたまっています。

                      陸前高田6


                      ここには≪高田松原≫というすばらしい景観がありました。

                      しかし津波が約7万本の松の木をさらっていきました。

                      陸前高田7

                      歌人 石川 啄木の歌「いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ」(歌集「一握の砂」より)の歌碑があった場所です。

                      陸前高田8


                      そして、ご存じの方が多いと思いますが、ここには「奇跡の一本松」がありました。

                      一本松1
                      (奥の建物はユースホステル)

                      復興のシンボルとして残されていましたが、今年9月12日に防腐処理により伐採。

                      一本松2

                      来年2月に戻ってくる予定です。

                      多くの人が、ここに集まっていました。
                      同じ三重県から来ている人もいました。

                      高田バイパス(国道45号線)沿いに、
                      一本松があった場所の経路を表示しています。

                      一本松3

                      現在、メモリアル公園としての保存活動を行っています。

                      陸前高田8


                      そして「奇跡の一本松」があった場所近くに、
                      幹だけ残っている別の松の木がありました。

                      陸前高田9

                      塩害によるものでしょうか。
                      すでに枝葉がありません。

                      陸前高田10

                      ただ手を合わせるばかりです。



                      陸前高田の観光について
                      「陸前高田市観光物産協会」
                      URL: http://www.3riku.jp/kanko/


                      | 東北の風2012 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      TIME
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE