<< 進路相談などもやっています。 | main | 落語を映像化! >>
0
    大須で「わろてんか」
    この10月から放送のNHKの朝ドラ≪わろてんか≫。


    吉本興業を創業した「吉本 せい」さんをモデルにした内容です。

    ご存じでしたか?

    そういや私は大学のとき、吉本の歴史に関する本、いくつか読んだな〜(ブログ『ココロの蔵』2012年4月9日分、『IL×起笑天結』2012年6月14日分の「吉本興業100周年」関連記事を参照)。


    今後の放送も楽しみです。



    さて先週、名古屋の≪大須演芸場≫へ行きました。

    演芸1

    2年ぶりです(ブログ『IL×起笑天結』 2015年10月6日分を参照)。


    今回は10月1日〜10日に行われた「二周年記念特別寄席」を観に。


    地元芸人をはじめ、東西の名立たる漫才師、落語家さんがやってきました。


    場内は満員御礼(大入袋でましたよ)。


    しかし始めは、重たい雰囲気。

    『今日、あまり笑わない客層かな〜』と思いましたが・・・


    それが一気に払拭!

    往年の漫才師「おぼん・こぼん」さんの登場で。

    流れが変わり、笑いがどっと起きる。

    タップダンス、懐かしかったな〜。

    お客のいじり方もうまかったし、『さすがだな〜』と。



    「宮川大助・花子」師匠の漫才も、間近で観れましたよ。

    病気からの復活、元気なお姿で芸を披露。

    その病をネタに、笑いにもっていく夫婦漫才。

    めちゃ面白かったです。



    70歳を超えた「三遊亭 圓丈」師匠の落語も貫禄の笑いでした。



    そして私のお目当ては・・・

    演芸2


    「桂 文枝」師匠の落語。

    生で観たかったんです。

    一番の拍手でしたね。


    お客を引き込む、あの“間”のうまさ。

    どんどん盛り上がる。

    もう〜、さすがですッ!



    2時間半、楽しませていだきました。


    年配の人が多かったですが、
    もっと寄席に、若い人が来てほしいな〜。
    | IL×起笑天結 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://iresugi-line.jugem.jp/trackback/1837
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    TIME
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE