<< 霜降り明星が優勝! | main | 京滋とりっぷ(14) >>
0
    京滋とりっぷ(13)
    宇治から嵯峨野へ向かう。

    嵯峨野1


    嵯峨野といえば・・・、

    大覚寺2

    ≪大覚寺≫ですね。

    五大堂や大沢池は有名ですね。

    華道の家元でも知られています。


    でも私が向かう先は、さらに奥なんです。

    嵯峨野2

    ひっそりと佇むお寺≪直指庵(じきしあん≫。

    直指庵1

    今回の旅で、私が一番行きたかったところです。

    直指庵2


    それは、ある目的のために・・・。

    直指庵3

    決して浮かれていない。

    直指庵4

    でも本堂までの道のり、
    すごく心が高ぶっているのがわかる。

    直指庵5

    本堂に到着。

    直指庵6

    直指庵7
    (堂内は撮影禁止になっています)


    ご本尊をお参りしたあと、中央のテーブルに座る。


    そこに、こんな一文がある。

    「そっと その意地を 私の心(ノート)に すててください。
     苦しむあなたを みているのが つらいのです」


    目の前にあるのは3冊のノート。

    それが「思い出草ノート」です。

    直指庵8

    ここを訪れた方が、自分の思いを綴るノートです。

    仕事や恋の悩み、結婚や離婚の報告、病気や借金の苦悩に挫折・・・。

    そして、ここを訪れた感動。

    直指庵9

    みんなの思いが詰まったノートが5000冊以上も保管されているとのこと。

    直指庵10
    (境内の奥には「思い出草観音菩薩」がまつられています)


    ノートの中をみると、口には出せない壮絶な人生を綴っているものもある。

    そうかと思えば、結婚する二人が訪れ、この地を思い出にしますといった内容も。

    直指庵11

    このお寺は、2007年公開の日韓合作の恋愛映画「初雪の恋〜ヴァージン・スノー」のロケ地でもあります。

    主演のイ・ジュンギさん(韓国からの転校生ミン役)に、宮崎あおいさん(京都出身の七重役)が、“私が京都で一番好きなところ”として案内しています。

    映画の重要シーンでは、思い出草ノートも登場しますよ。

    (いかにも韓流の恋愛っぽい内容ですがね。。。)

    直指庵12

    私も庭を眺めながら、その「思い出草ノート」に綴る。

    しばし自分と向き合う時間。

    直指庵13

    平成最後という節目に、直指庵に来て、何か“今の思い”を残したかった。

    その目的を終え、心が清々しい。

    直指庵14


    まもなく、この旅も終了です。


    直指庵15



    「直指庵」
    京都府京都市右京区北嵯峨北ノ段町3
    tel:075-871-1880

    URL: http://www5e.biglobe.ne.jp/~jikisian/



    次回につづく。

    | タビスル | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://iresugi-line.jugem.jp/trackback/2161
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    TIME
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE