<< 東北の風・仙台 | main | キャンペーン終了のお知らせ >>
0
    東北の風・仙台
    『東北の風2012』の24回目です。


    伊達正宗が眠る霊屋(おたまや)、≪瑞鳳殿(ずいほうでん)≫にやってきました。

    参道

    参道を上がっていきます。

    杉の木に囲まれ、ちょっとひんやり。
    気持ちが落ち着く。

    瑞鳳殿1


    正面門である「涅槃門(ねはんもん)」です。

    瑞鳳殿2

    仏教用語“涅槃”とは、
    煩悩を取り払った悟りの境地となる状態。広くは来世(死後の世界)の意味になります。


    瑞鳳殿3

    正宗公は70歳で生涯を閉じました。

    瑞鳳殿4

    精巧な造り、色鮮やかな霊廟です。

    瑞鳳殿5

    この建物は戦災により焼失、昭和54年(1979年)に再建されたものです。

    瑞鳳殿6

    木々に囲まれ、ひっそりとした佇まい。
    しかしなんとも力強い。


    また、ここには正宗公以外に二代目の忠宗公、三代目の綱宗公の墓所もあります。

    瑞鳳殿7

    手前が忠宗公が眠る感仙殿(かんせんでん)、奥が綱宗公が眠る善応殿(ぜんのうでん)です。


    脈々と受け継がれる歴史。今も時が流れています。

    瑞鳳殿8


    伊達正宗の辞世の句(最期に詠んだ歌)
    「曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く」

    (引用の訳:何も見えない暗闇の中で、月の光を頼りに道を進むように、戦国の先の見えない時代の趨勢を自分が信じた道を頼りにただひたすら歩いてきた一生であったなあ)




    「瑞鳳殿」
    宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
    筺022-262-6250
    9:00〜16:30(2〜11月)
    9:00〜16:00(12〜1月)
    休み〜年末年始
    料金〜大人:550円
       高校生:400円
       小・中学生:200円

    URL: http://www.zuihoden.com/

    | 東北の風2012 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://iresugi-line.jugem.jp/trackback/418
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    TIME
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE