0
    長野・“カンショウ”の旅(17)
    松本市内を走るバス。

    バス1

    とてもポップな水玉模様。

    このデザインを手がけたのは誰?

    草間1

    そう、この人!

    松本市出身の芸術家、草間 彌生(やよい)さんです。

    ご存知ですか?

    御年90歳ですよ(2019年現在)、もうびっくり!


    そして・・・、

    私がこの旅を締めくくる場所に選んだのはこちら。

    草間3

    ≪松本市美術館≫です。

    草間4
    (「幻の華」)

    “草間ワールド”全開ですっ!

    草間7
    (「水玉強迫」)


    ゴミ箱やベンチ、そして自販機まで。

    草間6

    草間5

    ここは草間さんの作品が常時観れる美術館なんです。

    草間8
    (展示室内は撮影不可となっています)


    そもそも、草間さんの作品を知ったのは、
    3年に一度、愛知県で開催される国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。

    トリエンナーレ2010

    2010年に観に行ったとき、出展されていたんですよ。

    かぼちゃ1
    (トリエンナーレで展示された「かぼちゃ」)

    今でも、そのときの印象が残っていて、今回訪れた次第です。

    草間9


    草間さんの言葉を紹介。

    「芸術の創造は孤高の営みだ」


    いまなお現役でご活躍されています。


    草間2


    「松本市美術館」
    長野県松本市中央4-2-22
    tel:0263-39-7400

    URL: http://matsumoto-artmuse.jp/


    次回(最終回)につづく。

    | タビスル | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      長野・“カンショウ”の旅(16)
      「松本城」からほど近い、

      ≪旧開智学校≫にやってきました。

      学校1

      学校2

      明治時代の初期に建てられた小学校の旧校舎です。

      特長は和と洋が混ざった疑洋風建築。

      学校3

      龍と天使がシンボルですよ。

      学校4

      学校5

      なんと!今年9月に国宝に指定されました(パチパチパチ・・・拍手)。

      学校6


      校舎内は、学校の歴史とともに、

      教育の変遷がご覧になれますよ。

      学校7

      学校8
      (明治10年代 開智学校心得)


      アナタの苦手な科目は何でしたか?

      学校9

      学校10


      そういや長野県は昔(今も?)、

      学習に積極的な取り組みを行う“教育県”って言われていたな〜。

      学校14


      私は体育や美術が好きだったけど、勉強あまり好きじゃなかったな〜。


      学校11


      古い教科書よりも建物のデザインが気になる私デス(笑)。

      学校12

      学校13


      学校15




      「旧開智学校校舎」
      長野県松本市開智2-4-12
      tel:0263-32-5725

      URL: http://matsu-haku.com/kaichi/



      次回につづく。

      | タビスル | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        長野・“カンショウ”の旅(15)
        この旅の最終目的地、松本市にやってきました。

        松本城1

        国宝≪松本城≫です。

        松本城2

        いま日本で残っているなかで一番古い木造天守です。

        黒い漆塗り、ステキですね。


        実は、ここに来るのは2回目。

        ブログ『タビスル』〜長野・“カンショウ”の旅〔7〕で

        大学のころ、リゾートバイトをしていたことについて触れたんですが。


        そのバイトの休日に訪れたんです。


        松本城4


        久しぶりのご対面で『いや〜、懐かしい』

        (・・・といってもうる覚え。笑)


        6階の大天守からの眺めです。

        松本城5


        登城記念の御城印をいただきましたよ。

        ご朱印7



        松本城6



        「松本城」
        長野県松本市丸の内4-1
        tel:0263-32-2902

        URL: https://www.matsumoto-castle.jp/


        次回につづく。


        | タビスル | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          長野・“カンショウ”の旅(14)
          再び、上田市の中心部に戻ってきました。

          上田市

          ≪上田城跡公園≫です。

          上田城跡1

          1583年、真田 昌幸公が築いた「上田城」。

          上田城跡3
          (本丸西櫓)

          現在は、お城の一部建物を残すのみで、公園として整備されています。

          上田城跡4

          上田城跡2

          園内は≪眞田神社≫があります。

          眞田神社1

          この神社は、ブログ『タビスル』〜長野・“カンショウ”の旅〔13〕で紹介した「山家神社」境内にある「真田神社」と異なります。

          歴代の上田城主(真田氏・仙石氏・松平氏)を御祭神としています。

          真田神社2

          境内には、いろいろなおみくじが。

          眞田神社3
          (おみくじ通り)

          眞田神社4

          男みくじをひきましたよ。

          (ちなみに小吉でした)


          あと、ご朱印2つをいただきました。

          ご朱印5


          ご朱印6
          (秋限定)

          彩りがいいですね〜。


          眞田神社5

          上田城跡5


          さあ!

          真田家ゆかりの地 上田市をあとにし、

          いよいよ最終目的地 松本市へ。



          「上田城跡公園」
          長野県上田市二の丸6263番地イ
           
          URL: http://www.ueda-cb.gr.jp/uedajo/



          「眞田神社」
          長野県上田市二の丸1-12(上田城鎮座)

          URL: http://sanada-jinja.com/



          次回につづく。

          | タビスル | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            長野・“カンショウ”の旅(13)
            「真田氏本城跡」から少し離れたところ。

            歴史館1

            ゆかりの資料品を展示する≪真田氏歴史館≫があります。

            歴史館2

            私が訪れた日(火曜日)は定休日でした(ちょっと残念)。


            そのお隣、≪御屋敷公園≫へ。

            御屋敷1

            真田家が上田城築城以前に構えていた住まい跡です。

            現在は、その跡地に≪御屋敷 皇大神社≫が鎮座しております。

            御屋敷2

            資料によると、真田昌幸公が「上田城」に移る際、居館跡を保存するため伊勢神宮の分霊(天照皇大神)を移し奉納したと伝えられています。

            御屋敷3

            ここに来て、なんか三重県とのつながりがあって嬉しく思う私。

            御屋敷4


            つづいて・・・、

            古い歴史ある≪山家(やまが)神社≫にやってきました。

            山家1

            上田城の鬼門除けの神としても信仰されていたお社です。

            山家2

            また境内の一画には、

            真田一族と英霊(戦没者の霊)を祀る≪真田神社≫があります。

            真田1

            真田2


            山家神社にて、ご朱印3つをいただきました。

            ご朱印2

            ご朱印4

            ご朱印3


            「真田氏歴史館」
            長野県上田市真田町本原2984-1
            tel:0268-72-4344


            「御屋敷 皇大神社」
            長野県上田市真田町本原御屋敷2964(御屋敷公園内)



            「山家神社」&「真田神社」
            長野県上田市真田町長4473
            tel:0268-72-5700

            URL: http://www.yamaga.or.jp/




            次回につづく。
            | タビスル | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              長野・“カンショウ”の旅(12)
              真田家ゆかりの地へ。

              上田市2

              まずは駅から近い上田城跡に行きたいところですが。。。


              中心部から少し離れ、山城≪真田氏本城跡≫へ。

              本城跡1

              真田幸村の父 昌幸公が上田城を築くまで、本城にしていたといわれています。

              本城跡2

              本城跡9


              本城跡の眺めです。

              本城跡3

              上田盆地を望む。


              ベンチには六文銭のデザイン。

              本城跡4


              そして土塁のそばに鎮座したお地蔵さんには、

              本城跡6

              お供えの5円玉が六文銭に。

              (粋だね!)


              本城跡7

              現在は公園として開放されています。



              「真田氏本城跡」
              長野県上田市真田町長5029-3


              次回につづく。

              | タビスル | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                長野・“カンショウ”の旅(11)
                最終日、3日目(10月8日)を迎えました。

                上田駅1

                JR上田駅です。

                上田駅2

                さすがに駅周辺は真田カラー色!

                至る所に家紋“六文銭”が。

                上田駅3


                上田駅4

                2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で脚光を浴びましたもんね。

                上田駅5

                あらら・・・駅構内の扉まで!(驚)

                上田駅6


                では真田家ゆかりの地へ

                『いざ、出陣じゃーーー!』


                上田駅7



                次回につづく。
                | タビスル | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  長野・“カンショウ”の旅(10)
                  下山してきました。

                  上田市1

                  続いて訪れたのは、

                  私が今回の旅で一番行きたかった場所。

                  無言館2

                  ≪戦没画学生慰霊美術館「無言館」≫です。

                  無言館3

                  無言館4

                  8月にテレビ番組でジャーナリストの池上 彰さんが紹介していました。

                  無言館5

                  放送を観て、初めてこの美術館の存在を知りました。

                  そして『今秋、長野県へ行こう!』ときっかけとなったのです。

                  無言館6

                  ここは志半ばで戦死した画学生の遺作・遺品を展示する美術館です。

                  作家でもある館長 窪島 誠一郎さんが長年、全国各地で集めてきました。

                  無言館7

                  画学生130人、作品300点が収蔵されています。

                  無言館8

                  館内は撮影不可となっています(館内の様子は、ぜひ下記ホームページで閲覧してください)。


                  戦地に赴く前、画学生の多くが最後に描いたモノは家族でした。

                  無言館9

                  無言館10

                  作品とともに、彼らの生い立ちや人柄なども記されています。

                  無言館11
                  (第二展示館)


                  なぜ“無言館”という名をつけたのか?

                  館長の著書≪約束 「無言館」への坂をのぼって≫で記されています。

                  約束

                  「戦死した画学生さんの絵の前に立ったら

                   悲しくて くやしくて つらくて

                   何もいえなくなっちゃうんだもの

                   黙るしかないんだもの」

                  (当番組でも紹介された言葉です)


                  ここは、

                  まるで何でも包み込んでくるような教会にいるようです。

                  無言館12



                  これまで私は広島や沖縄をはじめ、戦争にまつわる場所を訪れました。

                  無言館15
                  (絵筆のベンチ)


                  今回は戦争で亡くなった画学生たちの絵を通じて、長野で平和について考える。

                  無言館13

                  どんな人がどんな思いで、その絵に向き合ったのか。

                  無言館14


                  ここに来て、

                  彼らの心の投影を

                  静かに感じてみてください。


                  無言館16



                  「戦没画学生慰霊美術館〜無言館〜」
                  長野県上田市古安曽字山王山3462
                  tel:0268-37-1650

                  URL: http://mugonkan.jp/ 


                  次回につづく。
                  | タビスル | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    長野・“カンショウ”の旅(9)
                    標高2,000mにある≪美ヶ原高原美術館≫。

                    美術館1

                    雲の上のアート・リゾートです。

                    美術館2

                    以前もここを訪れたんだよな〜。

                    美術館3

                    館内にギャラリー(2階)はあるんですが、

                    ここの特長はなんといっても屋外展示!

                    美術館4

                    さぁ、霧に包まれたリゾートへ参りましょう!!

                    屋外1

                    広大な敷地に現代アート作品が約350点。

                    屋外2

                    屋外3

                    屋外5

                    ハイキング気分で鑑賞できます。

                    屋外6

                    屋外23

                    屋外24

                    ・・・というか『ハイキングどころじゃないッ!』

                    めちゃめちゃ寒い〜。

                    (上着は用意していたけど、手袋が欲しいヨ。。。)

                    屋外7

                    こちらはビーナスの城。

                    屋外8

                    城内で「ミロのヴィーナス」(模刻)とご対面。

                    久しぶりに観たな〜。

                    三重が生んだワンダーランド「ルーブル彫刻美術館」以来(ブログ『三重ルンです』【56】【57】を参照)。

                    屋外9

                    お城からの展望です。

                    屋外10

                    (・・・風邪ひきそう)


                    今の気持ちを展示作品で例えると・・・

                    屋外11

                    『重たいわ〜(笑)』


                    ぬくもりが欲しい。。。

                    屋外12


                    それにしても、おもしろい作品が多い。

                    屋外13

                    屋外14

                    屋外15


                    晴れていたら・・・、

                    屋外17

                    こんな感じで散策できたと思うけど。

                    霧のなかだと、ちょっと神秘的かな。

                    屋外18

                    (プラス思考の私)

                    屋外19

                    屋外20

                    ただこの天候だと、

                    屋外21

                    懐かしさはあんまり無かったな〜(笑)。


                    美術館5



                    「美ヶ原高原美術館」
                    長野県上田市武石上本入美ヶ原高原
                    tel:0268-86-2331

                    *2019年の開館は11月10日(日)まで

                    URL: http://utsukushi-oam.jp/ 



                    次回につづく。
                    | タビスル | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      長野・“カンショウ”の旅(8)
                      前回のブログ『タビスル』〜長野・“カンショウ”の旅(7)でリゾートバイトについて回顧しましたが。

                      池の平13

                      そのバイト期間中に行った場所へ再び行くことに。

                      ビーナス1

                      高原地帯をめぐる≪ビーナスライン≫をドライブ。

                      ビーナス2

                      当時、バイトのお休みの日に、

                      仲良くしてもらったスタッフに車を借りて、

                      雄大な景色を眺めながらドライブした思い出があります。

                      ビーナス3


                      「霧ヶ峰」にやってきました。

                      ビーナス4

                      なんだか雲行きが怪しい。

                      ビーナス5

                      名のとおり、霧が・・・。

                      ビーナス7

                      山の天気は変わりやすい。視界が悪くなってきた。


                      さらに先へ上ります。

                      ビーナス8


                      標高2,000m。

                      ≪美ヶ原高原≫にやってきました。

                      ビーナス9

                      『わーいッ!』

                      サイコ―の景色ですっ!(笑)。


                      (うぅ・・・全く見えない)



                      次回につづく。
                      | タビスル | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      TIME
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE