0
    湯るナビ【121】〜伊勢かぐらばリゾート「千の杜」
    「伊勢神宮」・「天の岩戸」に行ったあと、

    『ゆっくりと湯に浸かりた〜いッ!』と思った私。

    千の杜1

    やってきました、総合宿泊施設≪伊勢かぐらばリゾート「千の杜」≫。

    千の杜2

    テニスコートや野球場、体育館が併設され、そして夏にはプールが利用できるリゾート施設です。

    千の杜3

    なぜか秋川 雅史さんの♪「千の風になって」を思い出す私(笑)。

    (かなり歩き疲れたからな〜)

    千の杜4

    フロントで日帰り入浴の旨を伝え、浴場へ。

    千の杜5

    『たッ大変ですッ!』

    脱衣場にある衣類カゴに空きがないッ!

    宿泊者と入る時間帯がかぶってしまった。


    しばし待つことに。。。

    (またまた♪「千の風になって」を思い出しながら、心を落ち着かせます)


    ちなみに入浴時間はご覧のとおり。

    千の杜6


    数名の方が出てきたので、ようやく着替えることが。

    千の杜7

    でも内湯・露天風呂ともに人が多い。。。

    (会話が弾んでいるということは団体のお客様っぽい)


    ぜんぜん寛げていない私。


    ここでお風呂の説明。

    内湯には白湯の大浴場。

    あと円形状の湯船が2つ。

    一つは水風呂、
    もう一つは少しぬるめの水風呂!?

    (底にステンレス製の板が敷かれてある。これは下から湧き上がるジャグジーバスだったと思われますが、使われていない。ちょっと滑りやすいので気を付けて)


    露天風呂は・・・、

    千の杜8

    美肌の湯で有名な榊原温泉から運ばれる天然温泉を使用しております。

    肌触りが全然違いますよ。つるつるスベスベ。


    あとサウナ室もありますよ。

    そしてシャンプーやリンスなどは馬油を使っています。


    千の杜9


    団体客がいなくなったあとは、ゆっくりとのんびり湯に浸かることができました。

    (ホッとひと安心)

    千の杜10



    「伊勢かぐらばリゾート 千の杜」
    三重県伊勢市佐八町池の上1165-1
    tel:0596-39-1200

    URL: https://www.sennomori.com/
    | 湯るナビ | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      湯るナビ【120】〜今年はスタンプラリーも!
      菰野町にある≪湯の山温泉≫。

      湯の山1

      今年も、このシーズンがやってきましたッ!

      湯の山2

      ワンコイン(500円)で温泉に入れる≪わくわく温泉チケット≫が。

      湯の山3

      温泉郷にある10ヵ所のホテル・旅館で使えます。

      湯の山4
      (タオル付き)

      普段の料金より格安で日帰り入浴できますよ。

      湯の山5


      しかも今年は同時にスタンプラリーも行っています。

      湯の山6

      期間中(3月25日まで)に11ヵ所のなかから3つ以上、施設を利用しスタンプを押してもらうと、抽選でステキなプレゼントが当たりますよ。

      湯の山7

      ペア宿泊券やロープウェイ利用券、入浴無料券など。

      詳しくは、下記ホームページを見てくださいね。

      湯の山8



      「湯の山温泉協会」

      URL: http://www.yunoyama-onsen.com/
      | 湯るナビ | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        湯るナビ【119】〜きほく千年温泉「季の座」
        今年最後の『湯るナビ』は、紀伊長島から。


        先日「年末・きいながしま港市」に伺いました(ブログ『三重ルンです』【89】を参照)。

        そのあと、道の駅「紀伊長島マンボウ」へ。

        マンボウ1

        紀伊長島に来ると、必ず寄ってしまう。

        マンボウ2

        ここから眺める景色が好きだから。

        マンボウ3
        (片山池)


        さらに「城ノ浜海岸」方面へ。

        城ノ浜1

        以前、この海岸で鹿の足跡を見たな〜(ブログ『三重ルンです』【11】 2012年4月25日分を参照))。

        城ノ浜2


        そして、その海岸の目の前にあるのが≪ホテル 季の座(ときのざ)≫さんです。

        季の座1

        季の座2

        皇太子殿下がご宿泊されたことのあるホテルです。

        季の座3

        来年には天皇になられますね。

        季の座4
        (撮影許可をいただいております)


        ここは日帰り入浴も行っています。

        ロビーで受付を済ませ、湯処「沐亭(もくてい)」へ。

        湯処1

        湯処2

        本館とは別の建物にあります。

        湯処3

        浴場内は・・・、

        湯処4

        すごく開放感があります。

        だって目の前が海ですもん。

        湯処5
        (イメージ画)

        特長として露天風呂の全体像がステキです。


        芝生広場に浴槽が点在しているような空間演出。

        湯に浸かっていると、各方面が写真で切り取れるようなデザイン性に優れています。

        ここを取材したカメラマンは画に困らないだろうな〜。

        八角形をした浴槽もgood!


        また洗い場が内湯と露天にそれぞれあります。

        露天の方が全体にガラス張りの空間。ここもこだわっています。


        脱衣場にあるイスもおしゃれだし。


        あぁ〜、やっぱり私、こだわりのあるデザイン性が好きなんだな〜と(笑)。


        湯処6


        ステキな空間に包まれた温泉でした。





        「ホテル 季の座」
        三重県北牟婁郡紀北町東長島3043-4(城ノ浜)
        tel:0597-46-2111

        URL: http://www.1000kodo.com/
        | 湯るナビ | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          湯るナビ【118】〜長命ずいかくの湯
          夕刻、朱く染まっていく近江八幡市の長命寺山。

          長命寺山

          目の前には琵琶湖。

          長命寺港
          (長命寺港)

          西国三十一番札所「長命寺」そばにある≪長命ずいかくの湯≫へ。

          長命の湯2

          日帰り天然温泉施設です。

          長命の湯1

          16時以降は入浴料が下がります。さらにホームページから割引クーポンを利用したほうがお得。

          フェイスタオルとバスタオル付き(要返却)。

          長命の湯3

          浴場は思ったよりコンパクト。

          長命の湯4

          白湯の浴槽タイルが幾何学模様。


          サウナが高温と低温2つ。

          低温サウナは「近江天正の間」といって、安土桃山時代の黄金茶室をイメージした内装。

          岩盤浴のように、寝そべってじっくりと汗をかく。

          黄金色と朱色のコントラストが、なんとなくエロティック感が漂う(笑)。


          水風呂に強力なジェットバスがあるのは初めて。

          (水風呂が苦手な私は罰ゲーム的存在。。。笑)



          あとヒノキと信楽焼の露天風呂があるのですが、、、

          2つとも狭っ(おそらく2人ずつが限界だな)。

          せっかく琵琶湖のそばにあるのに、上空しか見えないのが残念。



          2階には食事処とお休み処。

          長命の湯5

          ここから琵琶湖が見れて、のんびり寛げる。


          個人的な見解ですが、1階と2階が逆だったらな〜と。

          立地はいいんだけどね。


          長命の湯6


          「長命ずいかくの湯」
          滋賀県近江八幡市長命寺町65-1
          tel:0748-31-1126

          URL: http://www.chomei-zuikaku.com/

          | 湯るナビ | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            湯るナビ【117】〜心湯あそび「ねぼ〜や」
            志摩市阿児町にある甲賀海岸。

            甲賀海岸1

            その目の前にある温泉旅館が、

            ねぼーや1

            ≪心湯あそび ねぼ〜や≫さんです。

            ねぼーや2

            日帰り入浴も行っています。

            ねぼーや3

            リーズナブルな料金で天然温泉を楽しむことができます。

            貸切風呂はご家族やカップルに人気。

            ねぼーや4

            ロビーは木のぬくもりを感じる造り。蒔ストーブがありますよ。

            貴重品は受付に預けましょう。

            脱衣場にはコインロッカーがありませんので。

            ねぼーや6

            浴場は内湯のみです。

            思っていたよりこじんまりしています。

            (大浴場って謳っているけど)

            どこか町のお風呂屋さんっぽい。

            浴槽がレトロなタイル張りだからかな。

            途中で一人入ってきましたが、ほぼ独り占め。

            ちなみに貸切風呂は露天風呂となっています。

            ねぼーや5

            宿泊者のチャックアウトは12時。

            (朝寝坊してもいいですね)


            ねぼーや7



            「心湯あそび ねぼ〜や」
            三重県志摩市阿児町甲賀4578-1
            tel:0599-45-0111

            URL: https://www.neboya.com/
            | 湯るナビ | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              湯るナビ【116】〜鳥羽足湯処「とまり湯」
              鳥羽湾を見ながら・・・

              足湯に入りませんか?

              とまり湯1

              ドルフィン公園(佐田浜東公園)内に≪鳥羽足湯処「とまり湯」≫があります。

              とまり湯2

              無料施設ですので、どなたでも気軽に入ることができます。

              とまり湯3

              少しぬるめのにごり湯です。肌触りはとろっとした感じ。

              とまり湯5

              農水産物直売所「鳥羽マルシェ」で買ったみかんを食べながら、ぼんやり海を眺める。

              とまり湯6



              「鳥羽足湯処 とまり湯」
              三重県鳥羽市鳥羽1丁目 (ドルフィン公園内)
              9:00〜18:00

              | 湯るナビ | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                湯るナビ【115】〜入浴前に糖分補給!
                旅が好きな私。


                9月21日放送のNHK番組「チコちゃんに叱られる」でやっていたのですが。


                テーマは“温泉旅館の部屋に、なぜお菓子が置いてあるのか?”。

                イメージ和菓子
                (イメージ画)


                知っていますか?

                (知らない人、チコちゃんに叱られますョ!笑)


                その答えは「血糖値を上げるため」です。


                血糖値とは、血液中に含まれる糖の濃度。

                血糖値はカラダのエネルギー源です。

                カラダを動かすと、血糖値は下がります。

                値が下がると、具合が悪くなることがある。



                旅館に着く前、観光などで疲れたカラダはおそらく血糖値が下がっています。

                また空腹状態で、熱い温泉に入ると、さらに血糖値が下がってくる。

                (42℃の温泉を10分入るのは、ランニング10分と同じ)


                そうすると、

                顔色が悪くなったり、手足にしびれ、脈が早くなる。

                場合によっては、立ちくらみや失神を起こす危険性も。


                だから、

                「お風呂に入る前には甘いモノを食べて、血糖値を上げておくのが良い」とのこと。



                今まで、そんな経験なかったですか?

                (私は以前、スーパー銭湯で、気分が悪くなったことがあった)


                当番組によると、

                入浴の30分〜1時間前に、お茶菓子などで糖分補給!


                血糖値を上げてから入浴すると、立ちくらみなどを防止できるとのこと。

                (ガッテン!ガッテン!ガッテン!笑)


                イメージ温泉
                (イメージ画)


                私、さっそく実践しています。


                日帰り温泉施設に立ち寄る際でも、

                ちょっとコンビニに寄って、甘いモノを購入し糖分補給。

                そのあとに、入浴しております。


                カラダが疲れているときこそ、血糖値を上げてから入浴しましょう!
                | 湯るナビ | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  湯るナビ【114】〜養老温泉「ゆせんの里」
                  岐阜県の養老公園で動きまわったあと、

                  疲れたカラダを癒しに、≪養老温泉「ゆせんの里」≫へ。

                  ゆせんの里1

                  ここは、ホテルも併設されている複合施設です。

                  ゆせんの里2

                  ゆせんの里3

                  日帰り入浴「みのり乃湯」は、

                  ゆせんの里4

                  地下1,700mから湧き出る、かけ流し天然温泉!

                  ゆせんの里5

                  浴場は・・・、

                  内湯に39℃の「源泉の湯」と42℃の「高温の湯」、そして水風呂、サウナがあります。

                  湯は褐色のにごり湯です。

                  アメニティは、フタバ化学さんの黒糖入りボディソープやシャンプー。あま〜い香りがします。



                  露天風呂もあります。

                  浴槽から眺めるお庭に特徴。

                  オシャレなイングリッシュガーデンのような感じ。


                  ゆせんの里6

                  湯上がりはリラックスルームでひと休み。


                  そのほか食事処やお土産ショップもあります。

                  ゆせんの里7


                  建物から外に出ると・・・

                  養老山系の、この景色。

                  養老山系

                  すごく開放的な気分。

                  ゆせんの里8


                  「養老温泉 ゆせんの里」
                  岐阜県養老郡養老町押越1522-1
                  tel:0584-34-1313

                  URL: http://natural-co.com/

                  | 湯るナビ | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    湯るナビ【113】〜なぜか○○!?恵那峡温泉
                    ブログ『岐阜ッテルンです』【3】〜【11】で東美濃エリアへ日帰り旅をした私。

                    恵那1

                    最後に木曽川の渓谷≪恵那峡≫へ。

                    恵那3

                    恵那4

                    旅の締めくくりは・・・、

                    ホテル1

                    やっぱり温泉ですね〜。

                    ホテル8

                    訪れたのは≪恵那峡グランドホテル≫さんです。

                    ホテル9

                    ホテル3

                    平日は21時まで日帰り入浴ができます。

                    ホテル4

                    浴場はとても開放感があります。

                    露天風呂もありますが、むしろ内湯から見る景色のほうがいい。

                    イメージ恵那
                    (イメージ画)


                    内湯のほうが視界が広いんです。

                    ボディソープやシャンプーはロイヤルゼリー、オリーブオイル入りのPOLA製。


                    そしてなんといっても、ここの特長は・・・、

                    ホテル5

                    湯がしょっぱい!

                    (山あいなのに・・・なぜ?)

                    ホテル6

                    諸説あるみたいですが、ほんと不思議。

                    ぜひNHK番組「ブラタモリ」で解明を(笑)。

                    ホテル7

                    湯上がりは、ロビーで景色を見ながらのんびりと。

                    ホテル2

                    温泉で癒されて・・・、

                    こんな笑顔になりました(笑)。

                    恵那5
                    (恵那市公式キャラクター「エーナ」)



                    「恵那峡グランドホテル」
                    岐阜県恵那市大井町2709-77
                    tel:0573-25-5375

                    URL: http://www.enakyo.co.jp/
                    | 湯るナビ | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      湯るナビ【112】〜アート×温泉×食事
                      三重県 菰野町にある「湯の山温泉」。

                      湯の山1


                      6月1日から7月10日まで≪湯の山温泉芸術祭「オンパク湯の山」≫開催中です。

                      オンパク

                      ホテルや旅館、そして街並みにいろんなアート作品が展示されています。

                      湯の山2
                      (「涙橋」前にて)


                      鹿の湯
                      (「鹿の湯ホテル」ロビーにて)


                      週末にはアコースティックによるミニコンサートも開催中ですよ。



                      私は先日、「鹿の湯ホテル」さんで日帰り温泉を満喫。

                      鹿の湯2

                      やはり平日がおススメです(ほぼ貸切状態)。

                      現在、「開湯1300年記念温泉チケット」でお得になっておりますよ(ブログ『湯るナビ』【111】を参照)。

                      鹿の湯3
                      (「鹿の湯ホテル」の屋外休憩処)


                      そしてランチは・・・、

                      すいめい1

                      「Cafe Suimei」にて。

                      すいめい2
                      (店内は撮影許可をいただいております)


                      開湯1300年を記念した「1,300円ランチ」をいただく。

                      すいめい3

                      特に鮎の塩焼き、おいしかったな〜。

                      すいめい4



                      都会の喧騒を離れ、芸術に触れる。

                      そして温泉に浸かり、おいしい食事をする。

                      湯の山で、そんな体験をしてみては?

                      湯の山3



                      「湯の山温泉芸術祭“オンパク湯の山”」
                      7月10日(火)まで開催。


                      「湯の山温泉協会」

                      URL: http://www.yunoyama-onsen.com/
                      | 湯るナビ | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      TIME
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE